設立経緯・会則


<設立の経緯>
 
 平岸地区における、より住み良いまちづくりを進めるため、平成18年1月から(仮称)平岸まちづくり協議会設立準備委員会を立ち上げ、その組織や運営などに関して、4回に渡る委員会で幅広く議論を行ってきて、平成18年6月29日(木)に「平岸まちづくり協議会(まちづくりネットワーク平岸)」の設立総会を開催
19年度に入り、4/20に第二回定期総会を開催いたしました。
一部会則変更されました。

<会則>

(名称)
第1条 本会は、平岸まちづくり協議会(まちづくりネットワーク平岸)(以下「協議会」)と称する。

(目的)
第2条 協議会は、平岸地区における、さまざまなまちづくりに関係する団体等が連携し、まちづくり活動を行い、もって地区住民の福祉の向上及び発展 に資することを目的とする。

(基本方針)
第3条 協議会は、次の事項を基本方針として活動する。
  (1) 平岸地区をいつも賑わいのある、より一層躍動したまちにする。
  (2) 平岸地区をだれもが安心して暮らせる、安心・安全なまちにする。
  (3) 平岸地区を故郷と感じることができる、心安らぐまちにする。

(組織)
第4条 協議会は、協議会の目的に賛同するまちづくり団体等から推薦を受けた者によって委員を構成する。ただし、政治・宗教活動を目的とする団体  等を除く。
2 前項に関わらず、平岸地区町内会連合会(以下「地区連」)の各部長及び単位町内会の代表者も委員とすることができる。

(役員)
第5条 協議会には、次の役員を置く。
  (1) 会長(1名)は、協議会を代表し、会務を総理する。
  (2) 副会長(若干名)は、会長を補佐し、会長に事故があるときは、その職務を代理する。
  (3) 事務局長(1名)は、協議会の事務的業務を行い、事務局を統括する。
  (4) 会計監査を置く。
2 役員は、委員及び関係者の中から総会の互選により選出する。
3 協議会には、総会の承認を得て、顧問及び相談役を置くことができる。

(任期)
第6条 委員及び役員の任期は、1年とする。ただし、再任を妨げない。
2 欠員により補充された委員の任期は、前任者の残任期間とする。
3 役員が欠員となった場合は、原則として補充しない。

(事務局)
第7条 事務局は、平岸会館内に置く。

(会議)
第 8条 協議会の会議は、総会並びに会長、副会長及び事務局長による運営会議とする。
2 総会は、会長が招集し、年1回開催する。ただし、会長が必要と認めたときには、臨時総会を開催することができる。
3 運営会議は、会長が必要と認めたときに開催する。
4 会議は、会長が議長となり、会議の議事は、出席者の過半数をもって決し、可否同数のときは、議長の決するところによる。

(部会)
第9条 協議会には、専門的な協議、調査研究及び関連事業を実施するために、部会を置くことができる。

(経費)
第10条 協議会を運営する経費は、地区連、平岸中央商店街振興組合及び企業等からの助成金等をもって充てる。
2 出納管理は、事務局長が行う。

(活動)
第11 条 協議会は、次に掲げる活動を行う。
 (1) 平岸地区のまちづくりに関する情報の交流。
 (2) 平岸地区のまちづくりに関する協議・調査研究の実施。
 (3) 平岸地区のまちづくりのため必要な事業の実施・連携。
 (4) 平岸地区のまちづくりに関する団体等との連絡調整。
 (5) その他、平岸地区のまちづくりに関すること。

(その他)
第 12条 その他、必要事項が生じた場合は、運営会議において協議のうえ決定する。

 附 則
(施行期日)
1 この会則は、平成18年6月29日から施行する。
 一部変更 平成19年4月20日から施行する。
 (任期の特例)
2 協議会設立時の委員及び役員の任期は、第6条に関わらず、平成19年3月31日までとする。